春風の陵

  • HOME
  • 春風の陵 100年樹木葬

春の風で 美しく咲き誇る桜や梅で
春の訪れを知る春風の陵(しゅんぷうのおか)に眠る

SHIKI-SAKURA
五枚一重で薄く淡い紅色の花を4月上旬と10月末頃の年二回咲かせる四季桜。

桜の写真
梅の写真

SHIDARE-UME
枝垂れた枝にたくさんの濃い桃色の八重の花を咲かせるしだれ梅。

JYUMOKUSOU
春風の陵 樹木葬は、春の訪れを知らせる桜と梅に抱かれて眠る樹木葬。

樹木葬の写真
銘板の写真

100YEAR NEMURI
使用期間は13回忌と永代100年から。ご使用人数は1名様からお選びいただけます。

五葉松と苔と自然石と。
イメージしたのはやすらかな眠りのための枯山水。

HARU NO YOROKOBI
しだれ桜と梅を植えた右の区画には、丸い作家物の花崗岩をあしらい、うららかな日本の春の喜びをデザインしました。

春のよろこび
永遠のとき

TOWA NO TOKI
白い敷石を配した左の区画には、永遠の時を受けとめる堂々たる五葉松を植え、枯山水のような庭園墓を創り上げました。

※写真は、現地撮影写真に四季折々に咲く花や緑等を加工したもので実際の風景、季節、色彩、植栽とは異なります。

梅がほころび、桜が咲き誇り、麗らかな春の風が松を抜けて陵に吹く。春風の陵は、四季折々の花木と眠る、庭園墓 花樂苑の新区画です。

募集中のお墓を見る